2019年度(まちづくり)Challenge to Change委員会 基本方針

Next Innovation室

室  長 小林 稔明

Challenge to Change委員会

                                委 員 長 吉田 愛美

副委員長 小嶋 秀智

1.基本方針

現在、鯖江市においては県内では唯一3年連続で人口が増加しています。しかしながら、2005年を境に生産年齢人口は減少の一途をたどっています。その中でも特に若い世代の人口が減少することは、このまちの産業にイノベーションが起こりにくい状況を作ります。その結果、時代の変化に対応できない産業は寂れ、このまちの経済衰退します。

私たち鯖江青年会議所は、50年、100年と続くまちづくりをするために創造的破壊を起こすことで、まちのひとやメンバーの意識を変革し、これまでと違った視点でまちのことを考えていく必要があります。そして、生産年齢人口が減少していくこれからの時代において、まちの経済を発展させることが、少子高齢化という時代の変化への対応につながると考えます。

そこで当委員会は、新規事業立ち上げに二の足を踏んでいる、またはビジネスを拡大したいと思う若者をターゲットに、ビジネスの可能性を拡げ、サポートをする事業を行います。市民参加型のこの支援事業は、人々の輪を広げ、地域に根ざしたビジネスをつくり、まちの経済の活性化に寄与します。

経済の発展は、まちのため、ひとのため、ひいては自分のために返ってきます。私たちのこの事業が、まちの経済発展の一翼を担うことで、明るい豊かな社会の実現につながります。Challenge to Change

2.事業計画

  • 5月度例会(新たなビジネスチャンスを創出する例会)
  • 9月度例会(新たなビジネスの成果発表例会)

 

投稿日:

Copyright© 公益社団法人 鯖江青年会議所 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.