2019年度(青少年育成)明日を夢見て委員会 基本方針

 

明日を夢見て委員会

                                委 員 長 上島 祥司

副委員長 佐々木 克宗

1.基本方針

「学校だけが人生じゃない。勉強が苦手なら他で頑張ればいいじゃないか。辛いなら別の道もあるよ。」皆さんもテレビ等で有識者や講演家のこの様な話を一度は聞いたことがあるはずです。しかし子供たちにとっては、学校や家庭が主であり、親の育成方針に沿って生きることが当たり前と言う観念が根強く存在します。その中で子供たちは多くのことを学び成長していきますが、一方で、視野が狭くなりがちであり、壁にぶつかった時に対応策が見つけられず、人生に悲観する子供たちが存在することも事実です。
 この問題を解決するためには、子供たちが広い視野を持ち、多くの選択肢から自ら道を選び実行する力を養うことが欠かせません。また、親が子供たちの挑戦を応援し、壁にぶつかった時にはしっかり支えてあげる関係性を作ることも大切です。
 そこで今年度当委員会では、子供たちが新しい世界と積極的に関わることで広い視野を持ち、自立心を養う事業を行います。さらに、子供の考えを引き出し、理解して広げて行ける様に親の意識を変革させる事業を行います。

何事も現状を変えるには、固定観念を取り払う必要があるため変化を好まない人もいるでしょう。しかし、変化を怖がっていては問題解決が遅くなります。今ある固定観念を取り払い、子供たちの生き抜く力を高めることで、将来自立した人間へと成長を遂げてもらうことへとつながっていきます。子供たちの光り輝く未来を夢見て、私たちは挑戦します。

2.事業計画

  • 3月度例会(親の意識を変革させる例会)
  • 7月度例会(青少年育成事業)

 

投稿日:

Copyright© 公益社団法人 鯖江青年会議所 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.