理事長所信2018


2018年度 公益社団法人鯖江青年会議所

第56代 理事長 石黒 功一

 

isikuro

理事長所信

スローガン

こうきさんぜん

光輝燦然

~個々の輝きを一つに束ね、未来を切り拓け!~

○はじめに
鯖江青年会議所に入会する前の私の世界は非常に狭いものであり、地域には無関心で、自分自身の事しか考えていませんでした。そんな日々を過ごしていた最中先輩にお誘いいただき鯖江青年会議所に入会しましたが、そんな私ですから当初は青年会議所での活動に積極的ではありませんでしたし、先輩方や仲間などにご迷惑をお掛けしたこともありました。
しかし、それでも多くの先輩方や仲間が私に関わってくださり、導かれ、支えられながら鯖江青年会議所での活動を続け、青年会議所が掲げる三信条「個人の修練、社会への奉仕、世界との友情」を体感した事により、自分自身の事しかなかった私の世界が徐々に広がりました。そして信頼のおける素晴らしい仲間に恵まれ、自らの事以外にも目を向け積極的に青年会議所運動もするようにもなりました。
私が実際に経験したように青年会議所には人をより良く変える力が間違いなくあります。私は鯖江青年会議所の会員に成長の機会を提供し、その機会に対し積極的に関わろうとする意識を育む環境と、本年より後も会員同士が固い絆で結ばれ、明るい豊かな社会を築くべく、鯖江青年会議所の持てる力を最大限に発揮する事の出来る組織とするその礎を築いてまいります。
○輝く鯖江青年会議所である為に
 明るい豊かな社会を築いていく為には、多様な価値観により互いに切磋琢磨する仲間、一人でも多くの志を同じくし共に運動する仲間を増やしていく必要があります。そして昨今では女性会員の拡大も叫ばれています。世の中の半数以上が女性である事を考えれば、女性の価値観や視点、感性を取り入れる事は、地域のニーズにより合致した事業を行う事が出来るようになる事であり、鯖江青年会議所の可能性を広げるきっかけになります。だからこそ女性会員の拡大にも意識して力を入れましょう。
しかし、会員拡大は候補者の心を動かす必要があり、簡単に結果が出るものではありません。これまで情熱的な会員の力によって会員数が伸びた年もありますが、そのような会員の登場を当てにしていれば会員数は減る一方です。そして会員数が減少し続ければ安定した継続しての青年会議所運動など出来るはずもありません。
その為、これまでと同じく会員拡大は会員全員が意識を持つ事が重要であり、そしてその年だけの会員拡大の成否だけに囚われず、本年以降も会員一人ひとりの意識を絶やさぬようにする事が重要です。また、入会した会員が鯖江青年会議所に根付き、生き生きと活動出来るような環境を作る事も重要です。
多様な価値観を取り入れ、理想を実現する確かな力を持った鯖江青年会議所であり続ける為に、会員全員が意識絶やさない会員拡大と、会員が生き生きと活動できる環境作りに挑みましょう。
○輝くJAYCEEである為に
 私たちの地域では若者が減少する事によって少子高齢化、会社の後継者不足による廃業、商店街の衰退などが起こり、地域から活気が失われてきています。この先このような現状の地域を人的、経済的に支えていかなければならない、エネルギーを秘めた青年経済人であり、JAYCEEでもある私たちは、地域により良い変化を及ぼす事を期待され、その期待に応えられる事の出来るリーダーへと成長する必要があります。そして、その変化をより大きくしようとするならば、一人の力では限りがある為多くの人の協力を得る必要があり、協力を得るにはその人たちの信頼を得る必要があります。
私が青年会議所に入会した当時、手本となる格好良いJAYCEEが多く存在していました。その格好良いJAYCEEたちは課題に勇猛果敢に立ち向かっていく姿と、凛とした言動や立ち居振る舞いを合わせ持っていました。そのような姿勢で課題に挑む人物だからこそ、地域のリーダーとして信頼を得る事が出来、そのような人物が青年会議所に多くいたからこそ組織は一目置かれていました。その先輩方は卒業された後も各方面にて活躍されています。
私たちが地域を支え、より良く変化させる事が出来るリーダーとなるべく、本年は今一度勇猛果敢さを増し、自らの言動や立ち居振る舞いを正し、格好良いJAYCEEとなりましょう。
○地域の未来を輝かせる為に
 子供たちの可能性は無限であり、これから経験する様々な出来事によってその可能性は善い方にも悪い方にも発揮されます。その可能性を健全な善い方へ子供たちを育成する事は、明るい豊かな社会を築く事を目指す私たちにとって非常に重要な事です。
近年そんな未来を担う子供たちの現状は、携帯電話などの普及により様々な恩恵を受ける反面、インターネット社会が加速度的に進展し、対人関係の面では実際に顔を会わせての人との関わりが減り、自己中心的な人間関係の在り方が助長されていると言われています。
このままでは、地域の未来は益々他者に対して思いやりに欠け、他者の痛みに鈍感な、人と人が傷つけあう社会となってしまいます。さらに、人間関係で傷つけば人との関わりを避ける様になり、繋がりを持たず、社会への無関心さを増していく事にもなります。人が人との繋がりを持ちながら、笑顔で生き生きと生きていく為にも、思いやりの心は必要なのです。
よって、本年は青少年育成事業にて思いやりの心を育む事業を行います。さらに本年は創立55周年であります。この青少年育成事業を記念事業とし、この育成事業で学んだ思いやりの心が大人になっても色褪せる事の無いように、子供たちの記憶に残る事業を行います。
○これからも輝いていく為に
 鯖江青年会議所は1963年に創立され、本年創立55周年を迎えました。これは一重に当青年会議所の運動にご理解とご協力をいただいている地域住民の方々と、これまでの55年間にあったであろう困難を、青年の英知と勇気と情熱をもって乗り越えられ、この地域の発展にご尽力されてきた先輩方がおられたからです。私たちはこれらの方々に感謝と敬意を払わなければなりません。そして私たちは、先輩方のこれまでの想いを知るべく歴史を振り返り、これから先も想いを繋ぎ光輝燦然としていかねばなりません。
本年はその感謝と敬意、そしてこれからの未来に向け光輝燦然としていく姿を表すべく、創立55周年記念事業を実施いたします。また、この記念事業の一環として地域住民の方々にこれまでの運動にご理解とご協力をいただいてきた事に対する感謝を表し、地域活性について意識向上に繋がる創立55周年記念事業を実施いたします。
さらに、先輩方が年月を掛け築き上げられた地域の信頼や価値に頼るだけではなく、今この時に鯖江青年会議所に席を置く私たちで、この地域の未来に必要とされる新たなる信頼と価値を築きあげるべく思案し、見出した価値を鯖江青年会議所らしさとして会員に共有し発信していきます。
先輩方が「より良い未来を」と、現在に繋いできていただいたように、私たちも会員一丸となって未来に繋いでいきます。
○結びに
 私が青年会議所をこれまで続けてこられたのは、青年会議所での日々が楽しく、面白かったからです。これまで出会った事の無い個性的な人物と出会った時や懇親会でざっくばらんと語り合う時。委員会で試行錯誤しながら事業を組み立て、それが形作られていく時。まちづくりやひとづくりの事業を一生懸命に行い、地域住民の方や子供たちに喜んでいただいた時。そんな多くの楽しいと思える出来事、そしてその時間を共有する事の出来る仲間がいたからこそ、その時間は私にとって掛け替えのないものとなりこれまで活動を行ってくる事が出来ました。
勿論人によって青年会議所で活動する目的は違いますが、楽しさや面白さは人が行動する動機となる重要な要素の一つです。私は会員の皆さんに改めて青年会議所に楽しさ、面白さを見出す事、そして今以上に仲間との絆を築いてもらいたいと思います。それが、主体的に青年会議所活動をする一歩になると考えます。そのきっかけを得る為、様々な機会に触れてもらわねばなりません。
だからこそ、会員が様々な機会を掴み取る積極性を今以上に引き出す為、一人ひとりが生き生きと活動できる環境のある鯖江青年会議所とする事を目指します。そして、持てる力を最大限発揮出来るよう、会員同士の友情により、導き、支え合い、互いに光り輝かせ合う鯖江青年会議所とする事を目指します。
目の前に来た機会に目を輝かせ積極的に掴み取る会員が増え、その会員らが心一つにしたならば鯖江青年会議所の勢いは高まり、それは運動を通して地域に伝播し明るい豊かな社会を築く事に繋がります。今こそ個々の輝きを一つに束ね、未来を切り拓け!