【まちづくり-2017】


先駆けゆかん室

室  長 城本 浩孝

まちの未来を創る委員会

                                委 員 長 谷口 康博

副委員長 山本 知三

1.基本方針

現在、地方創生が叫ばれる中で、私達のまちでは安定した雇用の創出、経済の活性化や人口の流入等、様々な課題がありますが、その解決にはこのまちの一人ひとりがまちの為に行動を起こす意識変革が必要です。私達はこれまで、このまちの人達を対象に、意識変革をするべく誇りや郷土愛を育む事業を行ってきました。しかし、このまちの人にとって、このまちの魅力は、身近にあり過ぎて特別に感じない為、関心を持てない事や、魅力の価値に中々気づけないという一面もあります。その為、違うアプローチも必要ではないでしょうか。

鯖江市や越前町の『人・物・自然・食』は他の地域の人にとって、自分のまちにない特徴があり、特別に感じます。客観的な視点のある他の地域の人から好評を得る事は、魅力の価値に気づいていないこのまちの人にとって発見と喜びがあり、このまちに対する誇りが芽生えます。そして、このまちの魅力を「守りたい」「広めたい」と思う郷土愛へと繋がるきっかけになります。

そこで当委員会は、まずメンバー全員が、このまちの魅力を熱く語れる発信力を身に付ける例会を行います。そして、まちの活性化や、このまちに誇りや郷土愛を持つ人が増える事を目指し、魅力をこのまちの内外に発信し、このまちの人に誇りや郷土愛を育んで貰う事業を実施します。

私達は失敗を恐れずに挑戦する事が何より大切な団体です。だからこそ、このまちの魅力を他の地域の人にも発信する新しい運動に挑戦しましょう。挑戦が実る事でまちが活性化し課題解決に繋がります。このまちの名がやがて全国に轟き、国民の誰もが心惹かれるまちになる事を目指して。

2.事業計画

  • 4月度例会 発信力を身に付ける例会
  • 9月度例会 誇りや郷土愛を育くむ事業